好きなことこそしっかりと。

東京在住の18歳男子。好きなことをつらつら書いています。

茶道に真正面から体当りしていく。

茶道に真面目に取り組んでみようと頻繁な稽古を始めて2ヶ月弱。

 

それ以前の"お香の匂いと和菓子とおばさん"みたいな今から思えば酷すぎるイメージも今では彼方へ飛んでいきました。

浪人が決まり、騒がしかった僕の心が求めたのが茶道の空間でした。落ち着く茶室で厳密な作法と向き合う。もともと無心になることは出来るタイプですが、茶室が持つ"小さな宇宙感"によってなのか、フッと精神的に軽くなる瞬間が好き。

 

とは言え、普通の薄茶/濃茶に始まり無限に思われる数々のお点前。

正直、許状とかを通じて全体像を知ることなく稽古を始めて良かった。。。

長い道のりを意識していたら一歩を踏み出そうと思わなかったかも知れません。

まだ四ヶ伝を終えた段階なので台子等は意識せずに今思うのは、結局は数ある手前も、薄茶/濃茶の変形、つまり応用なのだという心構えと、可能な限りそれぞれの動作の理由を突き詰めればある程度すんなりと頭に入ってくるということ。

でも、最初は道具の名前一つとっても頭に入ってこなかったりします。

 

そこで考えたのが、道具を片端から作るという茶道への向き合い方。

 

今まで茶杓、茶碗、蓋置、柄杓、棚、茶入、建水、茶筅を作りました。

茶筅は試作は完成したものの一度挫折しかけ、今やっと本式の完成が見えてきました。ちなみに水指、香合、灰器、茶箱あたりが次の狙い目です(笑))

 

茶杓や茶碗はネット上や書籍にも作り方がたくさん出ているのでメジャーだと思いますが、残りの道具についてはほぼ情報ゼロでした。

そんな中、制作するときに個人的に自らに課したルールは、

「美しく新しいものを目指すが、決して用の美を忘れてはならない」

というもの。

 

僕は常々思うのです。

現代陶芸家の作品は美しい。

炎芸術の特集を見たりしても、そのクールな形や色に痺れることはよくあります。

しかし、同時に「これは…点てにくいだろうな」と思ってしまう。

運が良いことにこの春、樂茶碗展と茶道具展が開かれています。

特に当代吉左衛門氏のガラスケースに入ったカラフルな茶碗群は、目の前にするとそのオーラに圧倒されます。

が、彫刻を学ばれたというご経歴からも察せられるに、茶道を始めて間もないとは言え一介の茶人ではある僕の目にはオブジェに写ってしまう。

茶碗の中でも樂茶碗が好きで、かつ当代のようなカクカクのシルエットも好きなのに、どうしても茶巾大変そうだなぁ、とか思ってしまうのです。

そこのところは楽さんも重々承知でしょうから、もしかしたら茶巾も問題なく通るのかもしれない。

そんなことをぼんやり考えていたら、「お点前のしやすさ」が意外と自分の中では大きな事なんだなぁと実感しました。

 

でも、基本的に普通の茶道具、たとえば普通の形の茶杓(櫂先や節の景色、竹の肌には違いはありますが)は、既に使うのに支障はないように出来ています。

それなら普通の茶道具を再現すれば良い…はずなのですが。

残念ながら、それをつまらんと思ってしまった僕は再現の道には進みませんでした。

もともとモノ作りが好きなので、やるなら思い切ったものを作ろう。

 

そこで青い頭で考えた結論が、形は自由めに、むしろ現代陶芸家の方々が魅せるような美しい造形を目指すものの、決して作法を妨げず、可能な限り現状の道具より使いやすい機能を付加する、というものでした。

まぁ、尊大に聞こえますよね。

僕もそう思います。

 

このルールは果たして有効なのか。

それを試すためにも、最初にひとまず作ったのが竹製の、手にフィットし、かつ茶が掬いやすい、捻れた茶杓でした。

 

(次回…に続く)

6才のボクが、大人になるまで。(Boyhood)を17歳が観た感想。

暑いのか寒いのか、どっちかにしてくれよ!という感じの陽気からやっと夏っぽさが出てきたような。。。

 

さて、公開前からずっと観たかった「6才のボクが、大人になるまで。」、やっと観ました。同じ俳優たちが12年かけて撮ったということで、公開前から話題になっていました。考えてみるとハリポタなんかも毎年同じ俳優陣が集まって撮っていましたが、こちらの「6才~」は12年間を3時間弱に収めているということで、個人的に興味がありました。

 

この映画は、主人公メイソン(6才)が空を見ながら寝転んでいるシーンから始まり、18歳になり大学生活を始める、これからが人生本番、みたいなシーンで終わります。欧米人の成長は早いもので、15歳くらいにかけて一気に少年から青年に変わっていました。

 

では、この「6才~」が単なるメイソン少年の成長物語なのか、というとそういう訳でもありません。メイソン母の度重なる結婚の失敗。お酒って怖い。実のお父さんとの交流(個人的に、この父息子の絡みが好きでした)。家族愛、青春時代の危うい空気感。

 

前半の少し重い雰囲気で観るのをストップしてしまいそうにもなりますが、そこを通り越すと…何かドォーンと感じるものがあると思います。友人は、「微妙…」と言ってましたが…笑

 

あと、所々に使われているその時期を代表する曲のチョイスが個人的に良かったです。

 

Let me go...I don't wanna be your hero...

庄司陽子『I's』を読んで

重い内容の少女漫画を一気に読破した後の何とも言えないドーンとした気分に浸っているぐらいくです。今日はその感想を軽く。

f:id:earlglike:20160206032006p:plain

庄司陽子先生の作品と言えば、僕の中では『生徒諸君!』。

ナッキーを中心とした悪たれ団が、悲惨な事件や家族・仲間の死など様々な出来事を経て成長していく物語で(酷い要約だとは自覚していますが、これ以上考えても上手く表現できそうにありません笑)、文庫で12巻を読み終わったときも何とも言えない気持ちになりました。青春っていいなぁ・・・辛いことも沢山あるけど。

 

で、本題。庄司先生が多重人格に真っ向から取り組んだ作品である『I's』を読みました。文庫で並んでいるのを見て、目に飛び込んできたタイトルから桂正和の『I"s』の文庫かな?と思いよく見ると庄司作品であることに気がつき、面白そうだから読んでみるかーと思ったくらいのかなり適当な出会いだったのですが、読んで本当によかった。何の気なしに上の段落で『生徒諸君!』の紹介をしましたが、よく考えるとマールとナッキーの関係や、初音の事件、ナッキーになりきろうとする遠峰などなど、なんだか『I's』に繋がるようなエピソードが沢山有ったように思えます。身近に多重人格の人がいない(僕が気づいていないだけかもしれませんが)ので何とも言えませんが、その原因や治療場面など細かいところまで描かれており、漠然と「有るんだろうな」と思いました。僕自身まだ高校生ですが、日々生活していると色々なことを体験し、“昨日までの常識”も書き換えられることがしょっちゅうあります。人間は自分とは違うもの、自分が信じていたこととは違うものを見ると拒絶し嫌悪しがちです。恐らくこれはどうしようもないことなのだと思います。この「I's」で描かれているようなことは、これからもっと色々な人々と関わる中で、実際に僕も充分目にしうることでしょう。そういったときに僕はどうなるのか、どうすることができるのか。最近いつもこんなことを考えているような気がします。

 

人の心は不思議。

 

 

I’s-アイズ- (1) (講談社漫画文庫) | 庄司 陽子 | 本 | Amazon.co.jp

I’s-アイズ- (2) (講談社漫画文庫) | 庄司 陽子 | 本 | Amazon.co.jp

nexus5Xのデータ管理をPCでしたい

気がついたらもう2月。早い。

今回は、そろそろパソコンを介して色々とnexus5Xのデータを管理したいな、と思いましてwindowsPCとnexus5Xを繋ぐためにケーブルを買ってきました。

f:id:earlglike:20160205220026p:plain

何故いまさらケーブルを買うのか

nexus5XはUSB端子がType-Cで、付属しているケーブルも不便なことに両端がType-Cなので、自分でケーブルを買わないと最も一般的なパソコン側の端子Standard-Aに繋ぐことができません。

今までは、前のスマホやPCからのちょっとした移動などは「SuperBeam」というアプリで済ませていたのですが、量が増えると上手く送れなかったり色々と面倒でした。

 

というわけで、例によって近くの家電量販店に。

壁にずら~~っと並んだスマホ周辺グッズの中に「Type-C」の文字を。。。

 

まだType-Cに対応した機器が少ないからか(nexus5X、新しいMacBook、chromebookとか?)、商品数が少ない!しかも高い。。。

 

というわけで、一番無難そうな「ELECOMのUSB2.0 Standard-A×USB2.0 Type-Cの通信/充電ケーブル」を購入しました。失効間近のポイント処分のために家電量販店で購入したのですが、まぁAmazonの方が全然安いです。

 

データを送ろう

さて、早速試しました。最大480Mbpsの高速データ転送が可能らしく、確かに写真も音楽もあっという間に移動することができました。強い。

 

まとめ

nexus5Xに最初から付属しているケーブルに絶望しつつ、windowsPCなどからデータ転送したいけど、まだStandard-Aに繋げるケーブルの購入を迷いアプリでちょびちょび送ったり諦めている方、高速転送でスッキリできるのでオススメです。

windowsタブレットの充電器を失くしてしまった。

f:id:earlglike:20160118214325p:plaindynabook Tab S90を使っているのですが、旅行や大掃除を経て充電器をなくしてしまいました・・・。

 

充電用にはmicroUSBのType-bを使う機種なので、形だけ見るとスマホやその他機器に使う充電コードと同じなので代用できそうに思えてしまいますが、それらではタブレットに対して出力が足りません。

 

本来ならば、メーカーの純正の充電器を取り寄せるべきなのですが、割と頻繁に使う端末なので、それでは時間がかかりすぎる!と思い、フラッと行ける近所の家電量販店で手に入れたいと考えました。

 

何が必要か

充電器には、コードとアダプタが一体になったものと別々のものがあります。今回、タブレットに対する十分な出力に対応したものを、ということで2A以上と考え、心配性な私は結局それぞれ2.4Aを出力するコードとアダプタを別々に買いました。どちらも、その家電量販店が販売元になっている商品を購入しましたが、「急速充電対応」という条件で探せばどの家電量販店でも、Amazon等のショッピングサイトでも見つかると思います。

 

結果

とりあえず繋ぐこと数十分・・・放置して電源をつけると・・・やった!ついた!

 

嬉しいですね・・・。

 

まとめ

windowsタブレットに限らず、タブレットの充電は基本的に要求される出力が大きい場合が多いです。普通のスマホの充電器はほとんどの場合役に立ちません。というわけで、私の場合はできたので、純正のものを買う暇もなくタブレットの充電器を手に入れたい!という時は、2A以上のもの、あれば2.4Aのものを買うと・・・充電できると思います。多分。

Nexus Imprintで指紋の代わりに掌紋を使ってみる。

「“指紋”認証は指紋以外でも有効なのか。」

変わったことが好きな方なら一度は考えることでしょう…。そうでなくとも、一番オーソドックスな人差し指の指紋登録ではセキュリティ的に…酔ったり倒れたり死んだりしたら、他人に簡単に開けられてしまう!と必要以上の危機感を抱くことはあるかもしれません(いざ倒れたりしたら、そうでもして身元を確認できた方が良い事もあるかも知れませんが笑)。

 

手元に指紋認証が付いた端末としてnexus5Xがあるので、これで試してみます。(そういえば昔、簡単に分からない画面ロック解除パターンを考えてた友人が居たなぁ…)ま、簡単に解除させないためだけなら、小指とか薬指にすれば良いんでしょうが…nexus5Xの場合、指紋を読む部分が背面にあるので小指・薬指では少し難しいし不自然。ちなみに、足の指も登録できるようですが、不自然とか言うレベルじゃありません…例えば電車の中で、ねぇ。靴下脱いで。屈むようにして足の指にスマホをタッチ。無いですね☆

 

指紋のように模様があり、手に近くて不自然ではないもの……掌。よく映画で、パネルに手を置いて掌紋で機械や扉のロックを解除するシーンありますよね。(指紋は基本的に十分にユニークなものですが)掌にも指紋のような筋がありますし、いわゆる手相で見られるようなシワもあるので…もしかして指紋よりユニーク?(適当)

 

…というわけで、まずはスマホを包むように持った時にちょうど当たる人差し指の付け根(下図参照)を登録してみます。

f:id:earlglike:20160115054044p:plain

意外と指と同じくらい簡単に出来ました。誤認識は今のところありません。同じ場所でも他の手では今のところできていないので、指の付け根は良いかも…?笑
次。ザ・掌、行きましょう。

f:id:earlglike:20160115054151p:plain

6回に渡って微妙に異なる角度・場所を読みとって登録するので、平坦な場所より丸みを帯びている場所の方が登録しやすいですね。先ほどの付け根より少し苦労しました。というのも、広いため自分でも明確な範囲を決めることが難しく、中々読み取りが進まなかったので。

f:id:earlglike:20160115054206p:plain


色々試してみると、言葉にするのは難しいのですが、コツのようなものを掴んで、何とか出来ました。笑
範囲が明確にないので、指定の場所に当たった時の感覚を自分で覚えておかないと認証は難しい。あれ?これセキュリティ面最強では?笑…が。その分、誤認識は少し多いかも…?

 

まとめ

nexus5Xやnexus6Pに付いているNexus Imprintは高精度で、指紋も5個まで登録できるので、「ロック解除パターンやパスワードを凝るのは面倒くさい。かと言って指紋は倒れて意識が無くなった時に心配。」という方で登録数に余裕があれば、掌という選択肢も…アリかもしれません。恐らく想定されている使い方ではないので…物好きな方へ。笑

やっぱりnexus5Xにケース・フィルムをつけよう。

普段ならば、端末を買うと同時にフィルムとケースも買って着けるのですが・・・nexus5Xの薄さを愛でたくて(実は選ぶのに悩んでしまい)暫く何もつけずに過ごしていました。が。やっぱり落としたりすると辛いので色々考えて選んだ上でフィルム・ケースを買って装着してみました。

 

やっぱりspigen?

nexus5の時は(フィルムの会社は忘れましたが)ケースはspigenのものを使っていました。最初は右のバンパー付きの堅牢な作りのケースを、その後バンパー部分が割れてしまい左の薄いタイプのケースに変えました。

f:id:earlglike:20160110022458p:plain

右はデザインも良く、ケースとして優秀で本体に傷が付くことはありませんでしたが、代わりに分厚くなり、体感重量が重くなるという問題が。一方、二代目の左のケースは薄くて質感も本体のそれに似ていましたが、代わりに上下の部分が守りきれておらず、少し本体に傷がついてしまいました。ケースとしての機能を取るか、使用感を取るか。うーむ…悩ましい。

 

フィルムはspigen。ケースはspigenか、VERUS。

さて、フィルムはspigenが良さそうなので以下のものに。

Amazon.co.jp: 【Spigen】 Nexus 5X ガラスフィルム GLAS.tR SLIM [ 近接センサー対応 液晶保護 9H硬度 Rラウンド 加工 ] ネクサス 5x 用 (GLAS.tR SLIM SGP11815): 家電・カメラ

 

問題はケース。アマゾンで調べると、

spigenのケース

Amazon.co.jp: 【Spigen】 Nexus 5X ケース シン ・フィット [ パーフェクト フィット ] Google LG Nexus5X / ネクサス 5X 用 (ブラック SGP11756): 家電・カメラ

VERUSのケース

Amazon.co.jp: Nexus 5X ケース VERUS High Pro Shield PCバンパー × ヘアライン TPU ハイブリッド ケース for Google Nexus5X ダークシルバー 【国内正規品】 国内正規品証明書 付: 家電・カメラ

の二種類が良さそう。

spigenのシン・フィットは上の写真で紹介した左の薄いケースに似たタイプ、VERUS(初めて聞く名前・・・)のケースは上の写真の右のケースに似たタイプだと考えられますね。

再び、「ケースとしての機能を取るか、使用感を取るか。」という問題に。

VERUS、聞いたことがなかったので正直不安なところがあったのですが、やっぱり最初はしっかり守ってくれそうなケースにしよう!と思い、nexus5の時と同じように金色のバンパーのついたVERUSのケースを注文しました。

 

到着。開けてみる。

さて、アマゾンは早いですね。到着したので早速開けてみます。

f:id:earlglike:20160110022742p:plain

左がspigenのフィルム、右がVERUSのケース。どちらも頑丈なプラスチックケース入り。

 

フィルム→ケースの順番にレッツ・トライ!

フィルムは背面カメラ用などは特になく、表スクリーン用の一枚。ウェットタイプとドライタイプの二種類の付属クリーナーシートのおかげで綺麗に貼ることができます。第一印象は「ガラス!」。分厚いですが、溢れる高級感が。

そしてケース。カバーを付けてからバンパーをはめるタイプのケースを使用したことがある方ならお分かりいただけると思いますが・・・バンパーがなかなか入らない・・・と思ったら下側からはめて押し込むと意外と簡単に入ります(笑)

f:id:earlglike:20160110024141p:plain

VERUSのケースはこんな感じ。筋模様が格好いい!バンパーの金色が黒い本体に映える!カメラと指紋部分から見える白い部分も中々良い感じ。ただ、ケースについているボタンは・・・押した時の感触が予想以上に無く、微妙。また、これは予想通りでしたが、ケースを着けたことで厚みと大きさが増し、重く感じるようになりました。

ちなみに、spigen製nexus5のバンパー付きケースもそうでしたが、イヤホンジャックの部分に開いている穴の大きさが割とシビア(直径6mm弱)で、端子周辺が太いイヤホンなどは直接させないことに注意。

f:id:earlglike:20160110023629p:plain

こちらがスクリーンのフィルム。カバーに対してピッタリの大きさでした。気泡もそれほど気になりません。表面は割とツルツルしてますね。少し厚めなので守られている感じがして良い。

 

まとめ

というわけで、今回はnexus5X用のフィルム(spigen製)とケース(VERUS製)を購入し装着してみました。フィルムは妙な満足感が得られるのでオススメです。ケースについては、とにかく格好いいのでオススメ。上のコメントの通り少し重くなるものの、ほぼスマホ全体を守ることになるので安心できそう(とは言え、幸運にも未だケースとしての真価が問われる場面が訪れていないので、まだ分かりませんが)です。これで見た目通り頑丈なケースだったらケースとしてはほぼ満点。というわけで(落とさないよう細心の注意は払うつもりですが)万が一、この完全ガード状態のnexus5Xを落としてしまった時は、ケースの防御力の観点から追記してみようと思います。

 


[追記2016/11]

ケースのバンパーが少し前に割れて取れてしまいました。Nexus5時代のケースも同様に割れてしまっていたので、このタイプのケースの宿命なのか…。ただ、その分落としてもスマホ本体に傷やダメージは無かったので、ケースとしての役割はしっかり果たしてくれました。

幸い上記のNexus5Xのケースはバンパーが取れてしまってもボタンカバーが全体カバーと一体となっているので、バンパーなしのケースとして一応使えています。デザインは悪いけど。

というわけで、近いうちにNexus5時代と同様、今度は薄いケースを購入します…。